日曜日, 2月 27, 2011

スカパーHD 対応

今年から F1 の放送がHD化するらしいですね。フジテレビNEXTでは、HD用のチャンネルを設けていますが、F1の配信映像ソースはHD化していませんでした。

別段、HD映像に対して喰いつきの無いワシですが、まあ、タイミングとしてはココかなと言う事で、これまで見送ってきていたスカパーのHD化を実行しました。

スカパーのHDチューナーは、スカパー製(製造はHUMAX?)、SONY、Panasonic とありますが、HDD内蔵であり、本体のみで録画対応しているパナ製(TZ-WR320P)を購入。

まあ、同じ Panasonic と言えど、DIGA とか設計している部隊と、スカパーをやってる部隊は、違うらしいので...リモコンとか(とても)安っぽいです。本体の電源ボタンのシルク印刷も、"Power" ではなく、"電源" ですし。どうもSTBのノリなんだよねぇ...。

とは言え、機能には満足しております。

さてさて、録画した映像のPCへの吸い出しルートですが...。
これまでのSD映像の場合、
  1. SONY製スカパーチューナーで受信 → TOSHIBA RD-H1 へ録画
  2. RD-H1(ネットdeダビング) → (Vertual RDを起動させた)PC
という流れでした。RD内のデータをPCへ吸い出す際、まあそれなりにデータ量が多い訳ですが、一括ダビング機能でラクチンだったんですがねぇ...。寝てる間とか、会社行ってる間とかに作業できるし。

スカパーチューナー本体で録画対応となると、映像をPCへ(汎用フォーマットで)吸い出したい場合は、D4端子を使ってキャプチャするしか無いよねぇ...。そうなると、2011シーズンの全戦を一括で吸い出し...なんて事ができなくなるなぁ。面倒だ。

日曜日, 2月 20, 2011

応援しています!2011 Version

WRCも開幕を迎え、また、国際情勢、諸々で開幕戦バーレーンの雲行きが怪しいですが、F1のシートも確定してきました。
昨年のリストを更新。

 2010  2011
ニック・ハイドフェルド(メルセデス) ニック・ハイドフェルド(ルノー)
クリスチャン・クライエン コバヤシ・カムイ(ザウバー)
コバヤシ・カムイ(ザウバー)
ニックは去年、メルセデスでリザーブドライバーを務めた後、ピレリのテストドライバーを経て、古巣ザウバーからグランプリ復帰しました。今年は、クビカのアクシデントのためルノーに呼ばれ R31をドライブする事に。
2004年のジョーダン移籍、2005年のウィリアムズ移籍よりも小さなチャンスでしたが、モノにした感じ。なんとかコンスタントにポイントを稼いで来年に繋げて欲しいですね。

コバヤシも今年はもうルーキーではないので、評価される年になるかと。ミスをすれば批判されるし、ルーキーを上回るパフォーマンスを見せて "当たり前" とされるので常に速さを見せる必要アリ。その他、周囲からチームの牽引を期待されているのは明らかなので、なんとか応えて欲しいものです。

今年、空いているシートはHRTの1枠を残すのみなのですが...クリスは、スポンサーを持ち込めない点で厳しいかもねぇ。再びクリスとトニオでシートを争うんでしょうか。何にしてもHRTでレギュラーシートを確保できるとは思えないので、一旦外します。

 2010  2011
ミッコ・ヒルボネン(フォーカス) ミッコ・ヒルボネン(フィエスタ)
トニ・ガルデマイスター トニ・ガルデマイスター(??:IRC)
クリス・ミーク(207:IRC) クリス・ミーク(MINI)
アンドレアス・ミケルセン(フィエスタ:IRC)
開幕戦を制したミッコ!当然今年も応援してゆきます。高地メキシコでもフィエスタが速いとイイですね。
トニはここ数年、モンテカルロには出てますがWRC/IRCにシートが無い状態。遂に自チーム "TGS Worldwide Oü" を立ち上げ、IRC参戦の模様。クルマは...ファビアでしょうか。(だとイイな)

クリスは、BMW/プロドライブと共にWRCに帰ってきました。インプレッサでスポット参戦した時よりはマトモな体制でしょうし、来年以降も長く参戦してくれる事を期待します。

ミケルセン、昨年参戦したイベントでは素晴らしい活躍をしていますが、一旦保留。

月曜日, 2月 14, 2011

WRC Rd.01 スウェーデン

1月のモンテカルロに逃げられてしまい、2月のスウェーデンが開幕戦として定着しつある WRC 2011 の開幕であります。

今年から、S2000をベースとした1600+Turboエンジンのラリーカー。シトロエンはDS3、フォードはフィエスタ。去年までエンジンでもギアの段数でも不利だった(?)フォードは新型の投入を機に巻き返したいトコロ。

さて今回のラリーは、新雪が積もってかなり出走順による影響が出たようですね。
Day1の先頭スタートは、チャンプのローブから。SS2では、いきなり42秒遅れの7番手タイム。オジェは36秒。ラトバラは15秒遅れに収めており、健闘。
上位は、ストバートのマッツ・オストベルグ!そしてミッコ・ヒルボネン。ラトバラ、ペターといった面々。

Day2に入って、オジェは上がってきましたがローブは浮上せず。ミッコ、オストベルグ、ペター、ラトバラ、オジェ が15秒前後の圏内。そして...

優勝はミッコ!
昨年、このスウェーデンで勝って以来、地味なシーズンを過ごしてしまいましたが、再びポディウムの中央に戻ってきました!Day3はステージベスト連発!2位を突き放して堂々の優勝であります。嬉しい!DS3とフィエスタの戦闘力の差が心配でしたが、とりあえず雪のラリーで勝ててヨカッタ!

今回ローブは、雪かき役で出遅れた後、順位を挽回してきませんでしたね。パンクなどもありましたが、どうもペースが安定しない様子。グラベルラリーではどうなんでしょうか。オジェはDay1午前の遅れを取り戻してるので、DS3の戦闘力に問題は無さそうですが。ペターも速いしね。

さてさて、久々のフォード対決で、しかもミッコの優勝と、嬉しい限りなのですが。
今回は何と言っても、M・オストベルグ(と、P-G・アンダーソン)の活躍が光りましたね。オストベルグは Day1から終始、優勝争いの中心で走り続け、2位を獲得。大したもんであります。
P-Gは、SS2でスノウバンクにヒットして大きく出遅れてしまいましたが、SS1、SS3、SS5、SS10 とステージベストを獲ってます。(今回、寄付に頼って出場できたんでしたっけ?)もっと走りを見たいなぁ。

しかしまあ、クルマが代わった事で、活躍するドライバーのネームリストに若干の変化が?
グラベルラリーが待ち遠しいですねぇ。

金曜日, 2月 11, 2011

Contents 2011

Contents 2011を更新しました。

昨年のF1のレース結果をアップ。2010 F1 予選&レース結果
例によって手作業でまとめたモノなので、間違ってるかも知れませんが。

クビカの事故によって、ニックが復帰するかもしれず、複雑な気分ですね。R31+クビカの組み合わせには期待していたので。
R31がニックの好みにも合わせられる、セットアップに良く反応するクルマだとイイですね。

ニックにとっては、2005年ウィリアムズ以来のドライバーオーディションでしょうか。あのときはアントニオ・ピッツォーニアを全く寄せ付けず完勝でしたが、果たして。頑張れニック!