月曜日, 11月 13, 2017

第24回 袖森フェスティバル

袖森パドック
そろそろ走っておかないと、走り方忘れちゃうしな!という訳で、3月の大会以来の袖森フェスに参加してきました。
走行枠が3つあるんですが、3枠目は割とガラガラなので、タイムアタックし放題なんですよね、このイベント。

ただ、今回は 3枠目が「もうすぐ走行会デビュー」クラスとの混走に。
おそらく沢山サーキットを走っている人達であろうクラスと、初心者のクラスを混ぜるという、かなり速度差のあるクラスとなりましたが...「慣れた人は初心者がどう動くか判ってるよね?上手く抜いてってよね?」というメッセージだと思われたため、仰せのままに。

さてさて。
今回 Base-M さんの出店がありまして、そこのお客さんが、ブルーリフレックスのND乗りでタイムも近い...ってコトでイロイロと情報交換させていただきました。
真野代表のご厚意でデジスパイス付けて走ったり。(但し、ふがいないタイムで有用性に欠けてしまった...)けど、自分的には欠点が浮き彫りになった感じで得るものが多かったです。


データを踏まえての 3枠目。
クリアラップを狙いつつ、データで見えた部分を意識しつつ。やっとこ 1分20秒台に突入。
NCのタイムが 20秒フラットだったんで、あと 0.8秒のトコまで来た!

3コーナー手前でレブリミットに当たってるんで、そろそろ4速を使用した走り方に切り替えないとなぁ。

土曜日, 11月 11, 2017

幌のお掃除 (しなやかクリーナー エココロ)

ウチのロドスタは、幌車。クロス(布)幌なので、繊維の目地にホコリが詰まると厄介なコトになりそう。
掃除するとなると、ヨゴレを「拭く」よりも「吸い上げる」ほうがイイよねぇ。

という訳で以前、ウチのダイソン DC35 をND幌に使ってみたんですが、効果はイマイチでした。
でもってその後、イロイロな手段を試してみて辿り着いたのがコチラ。

  • しなやかクリーナーエココロ (EC-0001) Impress Watch
まぁ、いわゆるコロコロですね。ただしコレは、粘着部分が水洗いできて、何度でも使えるモノ。
洗って乾燥させた後、付属のフィルムを巻いておけば、いつでも使える状態で保管できます。
Before
After
この製品の特長として棒の部分が「しなやか」なんですが、ロドの幌を掃除するには不要。
常に棒は取り外しているので、ハンディ専用タイプも出して欲しいですね。

水曜日, 11月 08, 2017

ど~だ走行会 2017・秋

秋のど~だ走行会に参加!TC1000です。

春の大会では、走行 5周目に42秒台へ突入したものの、それっきりスランプに...。
家に帰って動画を見返してみたら、ラインが悪いコトに気づく。
...そこから半年ぶりのリベンジ。

この半年の間に、71Rが終わってしまったので、今回のタイヤは GoodYear EAGLE RS-Sports S-Spec.
71Rは、タイヤカスが多すぎ、拾いすぎですよねぇ。ネットで値段チェックしたら安く買えるみたいなんですケド。

さて、日曜日のTC1000は晴れ渡っており、気温も低め。タイムはと言えば...

  1. 枠目:42.7xx
  2. 枠目:42.8xx
  3. 枠目:42.9xx
  4. 枠目:43.0xx
と、Fuel エフェクト分を、タイヤのタレが食いつぶす感じで遷移。気温も上がる方向だったし、仕方ないね。
ガソリン 3/4 残し(メーター読み)の1枠目がBESTでした。

今回、タイヤを RE71RからEAGLEにしていますが...確かに横のグリップは 71Rに劣るのかもしれませんが、体感では正直、ワカラン!71Rと同じように走って、ただタイムが出てない、そんな感じ。タイヤカスが少ないのは良いですね。

その他。
課題として、「車がコーナー出口に向くまで我慢してから、アクセルをしっかり踏む!」を実践してみたんですが...デフがプアでトラクションがかからない。出口のライン上に縁石があったりすると、そこでイン側が空転して失速...。
来春までには、なんとかしかきゃなぁ。

そうそう。LAP SHOT のセンサーがABSに影響されて(?)誤動作してました。
もっとホイールベース中央寄りにくっつけないとダメすかね。

土曜日, 11月 04, 2017

宮ケ瀬~道志~山中湖ツーリング

会社の人たち、2シーターの後輪駆動車が集まって、4人3台でツーリングに行ってきた!
どうし道を厚木から西へ行くルート。ハグレたりナビが無かったりしても、安心なおなじみルート。

宮ケ瀬で小休止してダベった後、山中湖へ移動して、ほうとう喰って富士山撮影スポット巡り。
これぞ休日っと言ったまったりとした時間でした。

パノラマ台
足柄峠

日曜日, 10月 22, 2017

エスケレート シート高の微調整

納車してソッコーで取り付けたエスケレート
対NC比で、少~し腰が高いかなぁ...と思ってたんですが、1年経ったら慣れてしまいした。

このままでも全然問題無いですが...けどまあ、秋冬春とサーキット遊びのHighシーズンが始まるので、やっぱり調整しとこうかな、と。

まずは、クリアランスの確認。
一番厳しいのは、左リア側のレールとシートの間ですかね。計りませんでしたが、7mmくらいかな?

レール&シートを後方から見た図
リアの穴を下側へ拡大
あまりクリアランスが無かったので、シートレールのサイドブラケットにある既存の穴を広げる方法で対処。
ブラケットの穴をドリルソーでジワリと広げてゆく...。とりあえずは 5mm(目分量)程広げてみました。

静止状態で試座してもナニが変わったのか全くワカリマセンが、走り出してイン側のクリップを見ると気づく。そんな程度の差。
あ、バックミラーの角度からも差が判りました。(調整しなおした)
シート関連の調整は、これで完了かな。

月曜日, 10月 16, 2017

3連メーター・マウントリファイン

台座に穴を開けて、角度をつける
以前作成した 3連メーターマウントを少し改良~。

スペース的に、結構シビアで、メーターのユニットを車両に取り付ける際、ちょっと苦労するんです。
原因を注意深く探ってみると...メーターの角度が浅い(水平に近い)ため、ダッシュボードとのクリアランスに無理があると判明。

じゃあ、メーターの角度を付けてマウントしますか、と。
まあ、作って設置してみたときから判ってたんですけどね。再びバラして糸ノコで切ってヤスリで削って洗浄して...の作業が面倒だったので放置してました。

先週末からずっと風邪ひいてて、外に出る気分じゃなかったので、インドア作業~ってコトで、着手。
アルミの台座に、メーターの逃げをこしらえるダケの簡単な作業。これだけで、随分とスペース的に余裕が出ました。

さて。あとはメーターフード...なんだよなぁ。余った時間で、試作を繰り返してみたんですが、満足のいくものは出来ず...。形さえ決まってしまえば、アルカンターラ調シート貼って見栄えは誤魔化せるんですが、カタチが決まらない。
もう、実車にマスキングしてウレタンフォームをプシュー~っと流して型取ろうか...。

土曜日, 10月 07, 2017

マツダ純正 フューエルフィラーデカール (ハイオク)

C905-V9-750
本日のモディファイは、フューエルフィラーデカール!
  • マツダ純正 フューエルフィラーデカール (ハイオク) [C905-V9-750]
まあ、無くてもイイんですけどね。あると華やかになるじゃないすか!

間違ってレギュラーぶっ込まれるリスクも減らせるしね!
元々貼ってある「無鉛プレミアム」のシール色が、オレンジなんで気になってたんですよね、前から。

モノは、デカールって名前ですが、いわゆる薄手のシール的なものではなく。
エポキシ樹脂(?)の透明立体シールになっています。厚みがあって、そこそこ硬いけどグニグニと曲げられるヤツ。なので、端から剥がれてくるコトも無いでしょう。