日曜日, 9月 30, 2007

コントロールボックス購入

今日は仲間内でグルメツアー。アキバの肉の万世に行ってきました。
勇気が無く、10F へは行きませんでしたが、いつかは。しかし、1食に1万近くはちょっと出せないかも。

食後。せっかくなのでお買い物。トライへ行って、前々から買おうと思っていて先延ばしになってたコントロールBOXを買ってきました。無難にシグマ電子の雷神です。あと、ハーネス製作用のエッジコネクタを2セットほど。
とりあえず、JAMMAハーネスとセガハーネスを製作すれば、ウチにある基板が遊べるようになるので、なんとか時間をみつけて製作したい所存。

迂闊だったのは、お買い物の最初にコントロールBOXを買ってしまった事。その後、千石電商や秋月の店の前まで行ったけど、混んでるし左手に荷物、右手に傘で不自由なので、スルー、ああ。
メモリも今は安いんで買っておきたかった。むむぅ。

F1 Rd.15 日本

#本日はお出かけしていたので、録画で見ました。
#昨日、「もしや...」と思い録画時間を1時間延長してて大正解でした。

むぅ...。
ハミルトンが勝って、アロンソがノーポイントですか...まあ、大きくミスしなかった者が勝ち、ミスした者が負ける...そういう事ですかねぇ。
去年のアロンソ対ミハエルを思い出しました、シーズン中盤で大きく開いていた点差をみるみる縮め、追いついた所でノーポイント。今年はもうこれで決まりですね。

BMW。
SC明けのスタート1コーナーで明らかに遅れてしまいましたね、ニック。決勝後のコメントを聞くと、この時どうやら無線が壊れていたようで、1コーナー進入の際、無線でのサポートが無かったので安全に走れるライン(大外)を通ったようです。インから誰かに突っ込まれるよりは賢明でしょう。
しかし、バトンと接触した影響かどうかは判りませんが最終ラップ6位完走を目前にしてStop。ノーポイント。無念...。
クビカ。今日はアグレッシブでしたねぇ。Final Lap のマッサとのバトルでは、両者共に頭に血が上っていたような気がします。しかし、富士の最終コーナー、なんでアウトサイド・ターマックのほうがグリップ良いんだろ。走行会であの(マッサの)ライン使ったら怒られるかしらん。ちょうどカントが無くなるから外に出やすいんだよね。

S・ベッテル。
SCラップ中に、ウェバーと接触、3位の座を逃す...これはもう経験というしか...。高い授業料と言う言葉では全然足りないですが、本当に、これを経験として今後の事に気持ちを切り換えるしか。
幸い、V・リウッティが8位に入り、ロッソは今季初のポイントを獲得。まあでも、「たられば」なら今日の結果で(コンストラクターズ)スーパーアグリを抜けたハズでしたが。
#...と思ったら、イエローフラッグ中のオーバーテイクでトニオに25秒ペナルティが!ロッソまたもやノーポイント。代わりにスパイカーが8位に入り、ランキングでロッソの前に。残酷すね...。

ルノー。
コバライネン最高!初ポディウムが2位かぁ。もう来期のシートは確定でしょう。
昨日の予選、今日がドライになると予想してのセットアップだった為に Q3 残れず沈んでしまい、さらに今日も雨だった訳で...ルノーにとっては良い条件が少なかった中、2台揃ってBMWより上位でフィニッシュ。

さてさて。
あと2戦となってしまいましたが、もうほとんどチャンピオンシップは決してしまいましたかねぇ。
BMWが「シーズン100ポイント」の目標を公言してから、ちょっと足踏みしているのが気になります。

土曜日, 9月 29, 2007

書類とか

水曜日、会社を午後半休して、役所で印鑑証明 Get とか、不動産屋で車庫証明書類に記入とか。
その足で、トヨタのディーラへ行って、譲渡証明書や委任状、印鑑証明の依頼。MR2の1台は自分名義だけど、もう1台はディーラー名義のままだったので。

本日、トヨタから電話があり、書類を取りに行く。全て揃った書類をもって実家へ急行。
マツダは閉まっているハズなので、そのまま実家へ書類を預けてきました。「明日マツダへ渡してくれ」と。

プロジェクトは着々と、進行中です。

とりあえず、フルバケ用のシートレールと牽引フックを注文しとかないとなぁ。パッドもか。
んで、雑誌 Road & Ster Vol.52 を購入。ホイールマッチングを見てニヤニヤとか。

12月の初めに走行会があるんで、それまでにナラシが完了して装備が整えば。

F1 Rd.15 日本 予選

雨かぁ。昨日のフリー走行1・2では晴れだったんだけどねぇ。雨かぁ。
でも雨だとホンダ(バトン)が調子イイみたいで、ちょっと嬉しいかも。

マクラーレン。
アロンソはドコで前に出ようと考えてるんでしょうかねぇ。このまま雨だと、ハミルトンはミスが多いんでチャンスはあるかと思いますが。

BMWザウバー。
どのチームにも言えるコトだけど、明日の決勝はドライを予想してるのか、ウェットを予想してるのか...。フタ開けてみるまでワカランすね。すごく心配。もしギャンブルなんかしして外れたらと思うと。
まあでも、BMWはギャンブルなんかする必要の無い(強い)チームですから心配無用と思いますが。
ニックが5位なのは上位と同じ方向性のセットアップで順当な位置...と考えたいです。
クビカの10位は、作戦が違うんですかねぇ、どう見ればイイんだろ。予選後のコメントを聞くと、ウェット路面に対して何も用意できなかったと言ってますが。

その他。
ニコが当然のごとく、6位に。ポールのハミルトンから6位のニコまでは、ウェットとは言え順当ですね。それと、8位のウェバーも。まあコンサバティブな作戦を持ってて、パフォーマンスの順で並んでいるのかと。
しかし、ニコはエンジン交換してるので降格。残念。この前のクビカは9位まで戻ってきましたがニコはどうでしょうね。

そして、ウェットならではの予選順と言えるのは...
7位のホンダ、J・バトン。TVの解説では、空力が悪く、メカニカルグリップはそう悪くも無いホンダの場合、雨などでスピードレンジが下がり空力に頼る部分が減ると、相対的にパフォーマンスが向上するとか。
そしてもう1人、9位のロッソ、S・ベッテル。よく判りません、なぜ速いのか。V・リウッティは15位ではるか後方。完全に雨用のセットアップで、トニオと作戦を分けたとか。

TOP10、クビカの後ろにルノーの2台。こちらは完全にドライのセットアップ(?)。明日、晴れればバトンの上に行ってしまうんでしょうね。それよりも問題は、コバライネンがフィジケラを抜けるかどうか...ですか。
どうやら、アロンソは、少なくとも来年の開幕はマクラーレンらしいので、ルノーのドライバー発表ももうすぐでしょうかね。

Fuji Speed Way.kmz

火曜日, 9月 25, 2007

ROADSTER

この3連休中、実家へ行っていたのですが、なか日の 9/23、マツダのディーラーへ行って NC ロードスターのハンコを押して来ちゃいました。

実はウチ(実家)マツダ党だったりしまして、実家近くのマツダディーラーでは今までにもう何台も購入してまして、話が早いんですよねぇ。
「○○円値引きでやらせて頂きます」
「ああ、じゃあそれで」...みたいな。

という訳で、ここ数年、トヨタのミドシップに浮気してましたが、マツダへ回帰しました。
ロドスタの馬力は 170ps ですが軽いので、ウェイトレシオは 3型 MR2 (NA) と変わらないですね。一応、フロントミドシップでもあります。

  • MR2 --- 1140kg / 180ps = 6.33 (G-Limited : 100kg 軽量化)
  • MR2 --- 1240kg / 180ps = 6.88 (G-Limited)
  • NCEC --- 1100kg / 170ps = 6.47 (RS)
  • NCEC --- 1140kg / 170ps = 6.70 (RS RHT)
で、グレードですが、RS の RHT になりました。
自分、プリミティブ志向で、過去あれだけ「スポーツカーに『電動~なんたら』なんてイラン!邪道だ!」と言っていましたが...まさか自分でも RHT を買うとは思ってませんでした。

ソフトトップを買ってもデタッチャブルHT(約26万円、27kg)なり、ロールケージなり付けると思うし、重量増になるなら RHT のデザインが、たまらなく好きなので。ドーム型のコクピットがイイ!
ただし、リトラクタブルなハードトップで走行可能なサーキットがどれだけあるのか、そこダケが不安だったりしますが。

納車は、まだまだ先...。

月曜日, 9月 24, 2007

FIA 誤って機密情報をウェブ上に公開

んと、コチラの記事によると。
FIA が例のスパイ事件の資料を流失させてしまったとか。

しかし、時すでに遅し。チームやマシンに関する技術詳細ばかりでなく、停職中のマクラーレンのチーフデザイナー、マイク・コフランの年棒といった個人情報 までが明らかになってしまい、今や、MP4-22の正確な重量配分から、フェラーリが採用しているシステムまでもが、F1の業界内で広く知られることと なってしまった。

マクラーレンとフェラーリに搭載されている可変ブレーキ・バランス・システムの原理もFIAの不注意によって暴かれてしまった形であり、また漏れた情報の中には、タイヤを膨張させるフェラーリ独自の技術なども含まれていた。
...の模様。これが来シーズンの勢力図に影響を与える程の事なのかどうかは、F1 の中の人じゃないんで判りませんね。「あのチームはこんな技術を使ってたのか...」などと判ったところでエンジニアリングのレベルがあるトコじゃないと飲み込めないでしょうし。

MOTORSPORT JAPAN 2007

行きたかった...。
どうせ大した事はないだろうとタカを括っていたのだが...。
公式サイトにある写真...なんかトヨタ F1 のコクピット(らしきモノ)に座ってシミュレータが稼動しているではないか!

ま、頭がエアインテークに被るくらいの着座位置なんで、少なくともシートは F1 のソレとは違うモノなんでしょうけど...。でも座ってみたいなぁ。

日曜日, 9月 16, 2007

F1 Rd.14 ベルギー

TOP4 に関して言えば、レコンブまでで既に決着しちゃってましたね。今シーズンあれだけ苦労したライコネンが報われるのは嬉しいんですが、もう既に遅すぎますかねぇ...。あとはアウェイ3戦を残すダケですか、F1 は。

BMW。ニック、スタート直後、なんとかウェバーを凌いだものの、ラソース出口でハミルトンとアロンソの競り合いの割を食ってブレーキ踏んじゃったように見えますね。で、イン側からコバライネンやニコに行かれてしまったと。しかし、なんとか作戦を立てなおして5位獲得。
クビカは、10グリッド降格ながら、ポイントは取れると思ってましたが...クルサードにつかえたのが計算外だったでしょうか。残念ながら9位でノーポイント。

トヨタ。ラソースでブレーキを踏んだニックの後ろに居たのがトゥルーリ。リプレイを見ると、このコーナー1つで相当に順位を下げてますねぇ、不運でした。ラルフの直後でゴール。11位。
トヨタはノーポイントで富士へ向かいます。

その他。ニックの後ろ、6~8位には、ニコ、ウェバー、コバライネン。
ニコは、そろそろ6位以上の結果が欲しいトコでしょうね。それには BMW に完全勝利しないといけませんが。

ウェバーは、しぶとく入賞。クルサードがリタイアしてしまいましたが、なんとかレッドブルにポイントを持ち帰りました。信頼性さえ確保できればねぇ、DCとマークのクセ者コンビなら結構なポイントを集められると思うんですが。

コラバイネン、ラストはクビカに追われっぱなしでしたが、抑えきって最後の1ポイントを獲得。フィジケラは今回トラブルだったとは言え、ルノーとしても、もう決めない訳には行かないだろうし、来年のシート争いの結果は明白ですかねぇ。

今週末、終始晴れたスパでしたが、予選結果、決勝スタート後の1コーナー辺りでもう着順の8割方が決してしまう F1 では、ちょっとくらい不確定要素(雨)があってもイイかな...なんてね。
身勝手すねー。

マクレーが...

スコットランドの自宅近くでヘリコプター事故。

A helicopter believed to be registered to former World Rally Champion Colin McRae has crashed near his home in Lanark, Scotland.

A police statement said: "Around 1610 BST on Saturday,15 September 2007, emergency services were called to a helicopter crash in Jerviswood, east of the A73 at Lanark. There are no survivors."

"It is not known how many people were on board at this time and there will be no formal identification of anyone on board this evening."


...これから、若手のサポートで手腕を振るって欲しいのです。

F1 Rd.14 ベルギー 予選

昨日、お仕事で深夜に帰宅後、録画してあったフリー走行3回目を見てたんですが、不覚にも寝落ち。
本日改めて、P3 と予選を見ました。

んんーニック、乗れてないのかなぁ。ちょっと危なっかしく見えますねぇ。予選7位。ニコの後ろです。コースの特性からして、燃料を多く積むような作戦を採るとは思えないけど...。
2005年のウィリアムズ時代、ここを走ったのはピッツォーニアでしたし、2004年はジョーダン。今年のスパ・テストにも(痛めていた背中の影響で?)参加してませんので、ちょっとコースの理解という面で不利があるのかも。
クビカは、残念でしたねぇ。エンジン交換で10グリッド降格。思い切って3stop、4stop 作戦とかやって来ないかなぁ、BMW。前が速いし、これだけ長いコースだとやり易い条件だと思うんだけど。

TOP4 は、どうなんでしょうね。
タクティクスが判らないので、なんとも言えませんが、ポイントランキングTOPのハミルトンが後ろ、絶望的なマッサが頑張ってて2番手。
個人的にはライコネンとアロンソに注目。

ニコ。相変わらずパフォーマンスを発揮してますねぇ。ウィリアムズ、シーズン終盤には落ち来ると予想してたんですが、一貫した成績を残し続けてます。他チームとの開発競争で負けてないって事ですね。
ブルツのほうは相変わらず。来年のシート争いにおいて、浪人組の標的になってる感が。

その他。ウェバー、トゥルーリ、コバライネンと、いつもの面々。
...ですが、ウェバーには若干の久しぶり感が。レッドブルは終盤に来て明らかに相対パフォーマンスが落ちてますが、予選でTOP10に返り咲く快挙。

トゥルーリも落ち着かないクルマでなんとか Q3 進出。でも、このまま行くと トヨタワークス がウィリアムズ・トヨタの後ろのまま コンストラクターズ が決着しそうです。

コバライネン。いつものポジションより少し後ろですが、ルノーとコースのマッチングの影響なんですかね。たぶんレースではウェバーよりも上位でフィニッシュすると思われますが。

Spa Francorchamps.kmz

土曜日, 9月 15, 2007

Gronholm-Rautiainen to retire

ありゃーー...。遂にマーカスが引退を発表しちゃいました。残念。

両選手権のポイントスタンディングスを率いていながらの引退発表ですから、本当に惜しいですねぇ...。
いつも言ってる事ですが、ローブ、マーカス、ペターの「3強」と言われるドライバー達が居て、その中でペターはマシンと共にダウンストリームにあり、実際は2強という状態の中で、彼らを追いかける者達にとってマーカスは大きな壁として存在している訳です。若い人達は、壁に挑戦し、差を見極め、自分を磨き、再び挑戦します。

ラリーファンとしては、それら世代交代の様子をラリーを通して楽しみたいんですよね。今、まさにミッコ・ヒルボネンがマーカスやローブに挑戦しています。クリス・アトキンソンも続いて来そうです。
ミッコが未だマーカスを越えていないのは明らかだし、僕はミッコが(同じクルマで)マーカスに挑戦し、少しづつ差が縮まって行くのを、もう少し見ていたい気がします。

う~ん、残念だぁ。

金曜日, 9月 14, 2007

500GB

デジタル・ネットワーク・レコーダに録画した MPEG 動画を PC へ吸い出す...のは良いんだけど、やっぱりアッという間に、HDD が満杯になってしまう。動画保管用として 250GB の HDD を付けてたんだけど。
...ので、先日 HDD を買い足しました。500GB。

最近の News リリースだと 1TB って記述がチラホラと出てきてますね。んで、実際の売り場では 500GB の HDD がメインストリームになって来ている模様。値段は1万円ちょっとで買い易い。
ニフティサーブからインターネットへ移行した頃は、内蔵&外付けのHDDを合計して「0.5GBだぜー」とか言ってたのにねぇ...。

  • DISK 0 : 80GB
  • DISK 1 : 250GB
  • DISK 2 : 500GB
0.8TB だぜー。
でも、こいつらのバックアップは今のところ無し。テラバイトクラスのNASがもっと安くならないかなぁ。

月曜日, 9月 10, 2007

F1 Rd.13 イタリア

#午前様を過ぎて帰宅...録画してあったイタリア決勝を見る。何の為のスカパーだよぅ。

2stop、1stop の作戦が入り乱れた面白いレースでしたねぇ。
全てのstopを終えた後、フレッシュタイヤの2stop勢が1stopのクルマをコース上で抜くシーンは、ちょっとカナダを思い出しましたね。
アロンソ優勝!1stopで2位を走っていたライコネンをハミルトンがコース上で抜き2位。ライコネン3位。
フェラーリは、またポイント上位に居たマッサが潰れノーポイント。

BMW。
予選でライコネンを喰ったかと思いましたが、まさか1stopを狙えるほど積んでいたとは...。まだフェラーリとの差は大きいみたい。しかし、ニックは確実に4位をキープ。ピットで相当なトラブルに遭ったクビカもコース上で1stopのニコを抜き、5位。またしても今季最高ポイント。次の目標は3位、4位でしょうね。
1レースでの最高獲得ポイントはハンガリーでの3位、5位、10ポイントでした。

ニコvsバトン
フェアで熱い戦いでした。ニコ、すげーカッコイイぜーー!!
お互いに相手のラインを残しながら並んでシケイン通過とか、その後のリズモとか、最高でした。ルノーの前、BMWの後ろ、6位!ついにブルツに1ポイント差まで迫って来ました。

ロッソ。
今回、予選でベッテルが上位に行き、リウッティが負けた訳ですが、ベッテル2stop、リウッティは1stopでした。結果、リウッティが上位でゴールしてます。

ペースカーが出た後、ちょっと淡々としたレースになっちゃったかなぁ、と思いましたが作戦の違いがあって後半、面白かったですね。
もうシーズン終盤ですが、トヨタがウィリアムズトヨタに勝てない、資金がある(ハズの)レッドブルが例年通り終盤になって競争力ダウンなど、ちょっと予想と違う展開になってます。

次回は2年ぶり!のスパ!できれば晴れてほしい。

土曜日, 9月 08, 2007

F1 Rd.13 イタリア 予選

アロンソがやっと、今季2回目のポール。
ハミルトンが2番手ですが、大きな作戦の違いがなければ、アロンソ勝てますかねぇ。

3位にマッサが順当に来て、午前のフリー走行でクラッシュしたライコネンはセットアップが未完のようで5位、BMWのニックに喰われました。3位マッサと、ニック、ライコネンとの差は 0.5秒以上。ちょっと大きいですね。

明日の決勝、4位スタートのニック、5位スタート ライコネンの1周目の攻防が楽しみ。1、2シケインは接触が多いトコなんで、順位はともかく、なんとか最初の1周を無事に終えてくれればと思います。
オープニングラップを終えて、ニックが4位キープできるかどうか。

6位以降は、クビカ、コバライネン、ニコ、トゥルーリと、いつもの面々、しかし、クビカとコバライネンとの差が 0.6秒以上あるので戦略の違いで順位が変動しそうですね。

トヨタは、ラルフがQ1落ちなのに対し、トゥルーリはスーパーラップでQ3進出。ちょっと予想してませんでした。
そして、10位にはホンダのバトンが。これも予想してませんでした。
この2人は、Q3内での予選順位よりも決勝の戦略を重視して燃料重めなんでしょうね。

残り少ないヨーロッパラウンド、明日の決勝は日本時間の 21:00 から。
#定刻までに都内の出張から帰ってこれればいいけど...。

あ、そうそう、鈴鹿と富士の隔年開催が正式に決定したようですね。よかったよかった。
ロン・デニスが、「鈴鹿のホテルはいつも雑巾のような臭いがして嫌だ」と言っておりましたが、2009年までにホテル等も含め、サーキットの設備投資に期待したいであります。

Monza.kmz

金曜日, 9月 07, 2007

WRCネタ

◆スペイン
次戦は来月の頭、10/5 からのスペイン。
やっぱりというか、デュバルのエントリーが決定しましたねぇ。

フォード勢にとっては、ちょっとイヤかも。でも、ドイツが割かし特殊なのに対し、スペインはターマックらしいターマックなので、フォードの不確定要素は思ったよりも少ないのかもしれませんねぇ。雨さえ降らなければ。

ミッコにとっては、ソルド、アトキンソン、デュバルに勝たなければポディウムに乗れないので、試練となりそう。なんにしても、ニュージーランドのような熱いバトルが見たいです。

◆コルシカ
んで、スペインの翌週には続けてコルシカ。
ラリーガイドとエントリーリストをダウンロードしようと思ったら、認証があって見れないや、もう。他国の公式サイトではそんな事ないのに...。

SX4 WRC でテスト参戦するスズキは、ニコラス・ベルナルディとセバスチャン・リンドホルムでエントリーな模様。

◆その他
最近、常にペターよりも上位を走り、印象的なアトキンソンですが、どうやらスバルと2年間契約延長したようです。よかった!
アトキンソンは速いっすよ。マシンさえ壊れなければ。まあ、ドイツでは失敗もありましたが。ソルドがちょとネガティブになってるので、ミッコに続いて次代を担うのは彼しかいなーい!

台風一過

ここ数年、台風の上陸地点が関東だったことは少ないんじゃないだろうか...。

時期車はロードスターにしようと思ってるんで、野ざらし駐車は心配だなぁやっぱり。雨風が交互に迫り来るとパッキン類の劣化も早いんだろうなぁ...。
でもまだ買うと決まった訳でも無いし、屋根付き駐車場を探し始めるのもナニだしなぁ。

ふと、NCロードスターと、中古の S2000 が同じ位の値段である事に気づく...が、やっぱり馬力よりも軽さを選んでしまいそうだなぁ。

さて1ヶ月以内には何かしらクルマを注文しないと、年末の足が無くなってしまう。急がねば。

日曜日, 9月 02, 2007

WRC Rd.11 ニュージーランド

なんとか。マーカスが辛くも優勝。2位のローブとは 0.3秒差!

ニュージーランドは、タイヤ選択が難しいコンディションが続いたようですね。レグ1でローブが遅れたのも、レグ2で逆転しマーカスが2位になったのもタイヤ選択が明暗を分けたようです。3日目も。
全てのレグにロングステージが設けられたことで、レグ3も緊張感があったようですね。この辺りはTVで堪能したいです。すげー楽しみ。

で、勝ったとは言え、ニュージーランドでマーカスが苦戦するとなると、日本、GB はどうなるんでしょうかねぇ。マーカスにとっては結構プレッシャーのかかるイベントになりそう?
これでグロンホルムとローブのポイント差は 10 ポイント。残り5戦(ターマック3戦)。おそらく、ターマックは全てローブが勝つと思われるので、マーカスが全戦2位に入ったとして、あと4ポイント差。日本とGBのどちらかで確実に優勝しないと、(久しぶりの)タイトルは取れない計算。万が一、ターマック戦で2位を確保できないとかなり危険な感じになって来ます。

さて、ニュージーランド3位は、やっぱりミッコ。TOPの2人からは、1分40秒以上離れて、また4位のアトキンソンとも 50 秒離れてのゴール。まあ、TOP2人は、3日目でも全力でプッシュする必要がありましたが、ミッコは、追う必要も逃げる必要もないので、余計に差が開いた感じでしょうか。
にしても、2強を追いかけたいミッコにとっては、まだまだ越えられない大きな壁のようですね。

4位はアトキンソン。前戦ドイツでは、レグ3でクラッシュと(速いのに)評価を下げてしまった訳ですが、ここニュージーランドでは、着実に4位に入って来ました。今の勢力図から考えるとベストリザルトじゃないでしょうか。オーストラリア出身ってこともあり、ここでは速いと思われてましたが、日本、GBではどうでしょうか、また今年のモンテカルロではミッコに競り勝ってますし、最近の安定感からするとターマック戦で表彰台を狙えそうな気がして来ました。マシンさえ壊れなければ。
最近は、安定してペターよりも速いですよねぇ。スバル来年どうするのかなぁ...。

その後ろ、5位以降は、ラトバラ、ソルド、ペター。
アトキンソンとラトバラの差が、4秒なのでここの戦いも熱かったのかな。
ソルド。もうそろそろグラベル戦でも上位に来て欲しいとチームは考えていると思うのですが...消極的なコメントが多いのでチームがケアした方がよいのでは。マシントラブルもソルドの方に多いしどうも上手く行きませんね。一昨年のオーラが全く影を潜めてます。
ペター。アトキンソンが速い事を考えると、もうクルマとペターのスタイルが合ってないと考えるしか無いのかも...。来年、どうするんでしょうかねぇ。もし、マーカスが引退したら、フォード入りでしょうか。

8位以降は、ずっとタイム差が開いてるので「何かあった」組なんでしょうけど。ミツビシで参戦のアーヴァがここに。今後も注目したいです。

さてさて。
次戦は1ヶ月のインターバルを置いてスペイン、コルシカのターマック2連戦。ローブの優勝は想定済みとして、2位争いに注目ですね。デュバルが出てくるのかどうか。アトキンソンやミッコもマーカスを脅かす存在になりえるでしょうね。ミッコの場合はオーダーが出るでしょうけど。